ニュース&トピックス | 遠隔授業・英語研修から異文化交流プログラムなら株式会社 国際遠隔教育設計

お茶の間留学ってどういうこと? 2021.04.20

株式会社国際遠隔教育設計で行われている「お茶の間留学」とはどういうものなのか、留学に憧れている人や、留学を経験したいけれど色々な条件が整わず難しいという人にとっては、とても気になるのではないでしょうか。

「お茶の間留学」とは、名前の通り、自宅にいながら海外留学しているように、外国人と会話を楽しむことができたり、異文化を学ぶことができるシステムのことです。

実際には、WEB会議システムというシステムを使用し、遠隔で英語の講座を受講することができるもので、ただ一方的に英語の授業を受けるという受け身のものではなく、講師となる外国人とWEB上ではあるものの、コミュニケーションをとることができるので、生の英語に触れながら、自分の英語力を高めることができます。

実際に株式会社国際遠隔教育設計で行われている「お茶の間留学」を受講している人の中には、初めて海外旅行をするという人や、仕事の出張で海外に行くことになっている人など、海外に行く予定があるから生の英語を学びたいという人が少なくありません。

また、留学したいけれどお金や時間が自由にならないという人や、生の英語を学びたいという人も多く受講しているので、「お茶の間留学」はとても活気があるのが特徴です。

具体的には、英語の講義を60分受けた後に、質疑応答として10分という時間を設けています。講義の後には、講師や一緒に受講している人たちと、約20分という時間を使った交流タイムがあるので、コミュニケーションを取りながら、さらに英語力を高めていくことができるのでおすすめです。

 

お問い合わせはこちらから

pagetop